2006年12月18日更新
スタイル不使用
  スタイル使用
スペース

PushVK

PushVKの画面
共有DLL使用版(すでにMFCのDLLあるならこっち)
ファイルサイズ:20KB(zip圧縮)。レジストリは使用しません。
スタティックDLL使用版(DLL埋め込みのためこれだけで動く)
ファイルサイズ:84KB(zip圧縮)。レジストリは使用しません。

説明PushVKはキー送信ソフトです。任意のソフトに任意のキー(キーコード0〜255)を送信します。キーを押して登録するショートカット登録ウィンドウで、通常は無いキー(F20とか)を送信することによって登録できるかもしれません。

起動方法上のダウンロードをクリックしてください。するとpushvk.zip(またはpushvkwithdll.zip)ファイルがダウンロードされます。pushvk.zipファイルを解凍するとPushVK(またはPushVKwithDLL)フォルダが作成され、中に実行プログラム等があります。まずはREADME.txtにざっと目を通してください。実行はPushVK.exe(またはPushVKwithDLL.exe)をダブルクリックしてください。

使い方右上のコンボボックスで送信したいキーを選択してください。次にその下にある丸い画像をマウスの左クリックしたまま、キーを送信したいウィンドウのところまでマウスを移動します。マウスのボタンを離すとキーが送信されます。もし認識してくれなかったら、左のウィンドウ種別にある親ウィンドウを選んで上記作業をしてみてください。(私が送信したかったソフトは表示がされないが認識していました。)

削除される場合はPushVK(またはPushVKwithDLL)フォルダを削除してください。レジストリはいじってません。

スペース
管理人:Big
コンテンツトップ
  ページトップ