2007年11月01日更新
スタイル不使用
  スタイル使用
スペース
コメントをご記入ください
名前
コメント

名前を保存する

Stow
03月24日(水)

今日はLinuxでパッケージ管理ソフトのStowを入れてみました。RedHatやVine、Debianなんかはコンパイル不要のパッケージ管理ができますが、これだとバイナリを落とす必要があって好きじゃないです。とても簡単だから面倒な時は利用しますが。で、Stowの紹介をすると$ ./configure、$ make、$ make install、とするのが普通のソフトのインストールなんですが、これだとかってにファイルを作られてしまってあとでアンインストールする時やバックアップする時に不便です。Stowをつかうとインストールする場所は自分の好きなところで、アンインストールもStow -D packagenameとやればいいだけと簡単です。しかもインストール方法も簡単で、$ make installのときにインストール場所を指定して、そのあと、指定した場所に移動(コマンドで渡すのも可)$ stow packagenameとするだけです。これでインストールした場所のディレクトリ構造がそのままHOMEディレクトリにシンボリックリンクとしてできます。-t targetをオプション指定すると、HOMEの変わりにtargetディレクトリに作ってくれます。簡単です。で、まずはStow自身をインストール、アンインストールしてみました。びっくりするぐらい簡単でした。これからはStowを使ってパッケージをいろいろインストールです。


投稿時の注意です。

  • 改行は自動的に<BR>タグに変更されます。
  • HTMLタグは使用できません。<が&lt、>が&gtに変更されます。
  • %##はURLデコードされてなんかに変わると思うので、%は全角で入力してください。
  • 文字数は最大、半角で2000字ぐらいです。
  • 「http:/」の個数は3個までにしてください。
  • 連続投稿はできません。しばらく時間を置いてから投稿してください。
  • 設定を保存するのチェックボックスをONにすると、Cookieに保存され次回から自動で入力されます。
  • 管理人が不適切と判断した書き込みは発見しだい削除します。
スペース
管理人:Big
コンテンツトップ
  ページトップ